MotoCamp~キャンプ好きなライダー日記~

キャンプ好きライダーが書く、バイク&キャンプ&カフェについてのブログです。

【屈斜路湖は温泉の宝庫】和琴半島キャンプ場 北海道ツーリング



スポンサーリンク



こんにちは、MotoCampです!

 

今回のキャンプ場レポは2017年8月にお伺いした

和琴半島キャンプ場です。 

 

湖の波うち際にテントを張って寝たのですが、波の音が心地良いキャンプ場でした。

では、詳しい内容について見ていきましょう!

 

 

【目次】

 

 

和琴半島キャンプ場の概要

 

 

場所

 

和琴半島キャンプ場は北海道、屈斜路湖に突き出た和琴半島の付け根にあるキャンプ場です。

発音が似ていますが、「クッチャロ湖」は別の湖で、宗谷岬の南50kmにある湖です。

和琴半島キャンプ場があるのは屈斜路(くっしゃろ)湖。

 

料金

 

大人450円、小人350円 

タープ・スクリーンテント1張り800円 

バンガロー:1棟4500円(要予約)

 

 

設備など

 

地面種類:芝生と砂地
ロケーション:湖畔
車両の乗り入れ:バイクのみ可。ただし繁忙期は場内エンジンオフで手押し。
リアカー:あり
炊事場:あり
トイレ:水洗。清潔〇
ゴミ捨て場:あり。要分別。
自販機:あり
売店:あり
ランドリー:洗濯機および乾燥機あり。
シャワー:なし
買い出し:国道243号(パイロット国道)を南東に10kmほど行くとコンビニあり。
ガソリンスタンド:同上
温泉:隣接する温泉旅館に日帰り温泉あり。和琴半島にも無料の温泉あり。その他屈斜路湖周辺に温泉多数

 

詳しい様子

 

2017年8月に訪問したこの日は、北海道ツーリング6日目あたりでした。

わかりづらい看板に従って駐車場に入ります。

広々としたキャンプ場。

しかしキャンプ場はどこでしょう・・・?

f:id:motocamp:20180721150500p:plain

 

雰囲気に導かれて駐車場の奥に進みます。

f:id:motocamp:20180721150504p:plain

ここから未舗装路・・・・。

フル積載のバイクにとって緊張する路面です。

ゴクリ・・・。

 

 

さらに進むと、キャンプ場らしき姿が!

左側は荷下ろし用の駐車場のようですね。

荷車も置いてありました。

f:id:motocamp:20180721150509p:plain

 

 

和琴半島キャンプ場の入り口につくと、スタッフのおじさんが私を見つけて案内をしてくれました。

f:id:motocamp:20180721150515p:plain

おじさん「右の奥に進むと受付だからね」

 

 私「はい」

 

おじさん「あとキャンプ場内は混んでて子供も多いから、バイクはエンジンオフで手押しで進んでね

 

 私「(ええ~~。)はい」

 

バイクは乗り入れできるのですが、繁忙期は事故防止のためにエンジンオフ&手押しをしなければいけないようです

 

理由はわかる!

理由はわかるんだけど、未舗装路をフル積載のバイクを押せってアナタ、確実にこけますよ。

そう、コーラを飲んだらげっぷが出るほど確実!

おじさん、写真では後光がさしてる割に厳しい要求をするなあ。

 

そんなことをぶつぶつ言いながら、やっぱり事故がおきちゃまずいのでバイクを押して進みます。

 

 

案の定重い!

10分以内にラインを返さないと鬼電かかってくる彼女並みに重い!!

f:id:motocamp:20180721150520p:plain

 

ゴミ捨て場です。

分別すればゴミが捨てられ、助かります。

f:id:motocamp:20180721150816p:plain

 

写真右がトイレ。外観も中身も十分清潔でした。

f:id:motocamp:20180721151425p:plain

入り口のあたりはファミリーが多いのか、大型のテントが多かったですね。

 

 

さらに進むと、右側にはバンガローがありました。

4~5人は楽に寝られる広さですね。

f:id:motocamp:20180721151110p:plain

 

さらに進むとソロのライダーがテントを張っています。

f:id:motocamp:20180721151307p:plain

特にソロ用・ファミリー用で区画が分かれているわけではないのですが、受付の人が

「ライダーは早寝だから、ファミリーの近くだと子供もうるさいし、受付の近くなら静かだし、どう?」

っていうニュアンスでライダーを案内していました。

そのため、ソロライダーは受付近くに固まっているようです。

 

 

一番奥に受付がありました。

受付には洗濯機と乾燥機もあります。

f:id:motocamp:20180721150552p:plain

 

 

受付を済ませると、

ドスンッ!!

と音がします。

振り返ると手押し中に倒れたBMWのバイクが・・・。

やはり倒しちゃう人が出ちゃいますね。

ああ無情・・・・。

 

 

テント設営しました。

地面は砂利ですが、一応ペグは刺さりました。

f:id:motocamp:20180721151849j:plain

 

 

そのほか湖畔の風景です。 

f:id:motocamp:20180721151735j:plain

 

 f:id:motocamp:20180721151618j:plain

 

 

まとめ

 

温泉が豊富で、湖畔独特ののどかな雰囲気が素敵なキャンプ場でした。

洗濯機もあるので連泊でも不自由しないでしょう。

 

客層はファミリーからソロ、ライダーまで幅広く、人気の高さがうかがえました。

 

ライダーは場内で手押しで進む際、本当にこけないよう気を付けてください!

 

 

また、訪れる際は美幌峠から屈斜路湖の景色を一望できるので、西側の美幌峠から来るのがおすすめです!

 

美幌峠からの眺め。

実物は10倍感動します!

f:id:motocamp:20180722163909j:plain

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

 

 

ちなみにこのときキャンプで使っていたマットが合わなくて、後日売りにだしました。

使わない中古キャンプ道具をパパっと買い取ってもらった話

 

 

 【関連記事】

motocamp.hatenadiary.jp

www.motocamp-japan.net