MotoCamp~キャンプ好きなライダー日記~

キャンプ好きライダーが書く、バイク&キャンプ&カフェについてのブログです。

北海道ツーリング2017日記 <2日目ルート 苫小牧~洞爺湖>



スポンサーリンク



<<前回
北海道ツーリング2017日記 <1日目ルート 東京~大洗 さんふらわあ乗船> - MotoCamp~キャンプ好きなライダー日記~



<目次>

2日目


今回利用したフェリーは旧型のさんふらわあで、寝室はドミトリータイプ。

機関室が近かったようで、一晩中エンジン音が寝室に鳴り響いてました。
こんなこともあろうかと耳栓を持ってきて本当に良かった(*´ο`*)=3


この耳栓、地味に北海道ツーリングには必須アイテムだと思います。
フェリーだけでなく、キャンプ場、ライダーハウスのように他人と寝なければいけない場合、騒音やいびきなどは避けられません。

耳栓がなければ私も睡眠不足でゴリゴリ体力を削れらていたことでしょう。。。。


目覚めた後は到着まで暇なので船内を散歩したりデッキをプラプラ。
天気が良く、絶好のツーリング日和の予感!!


初日の行動については到着が午後1時過ぎということもあり、初日は無理のない範囲で、ということで目的地は洞爺湖に決定。


f:id:motocamp:20180527180347p:plain


だいたいこんな感じで進んでいくことにしました。


さんふらわあ下船


いよいよフェリーが苫小牧の港に接岸します。


到着後、アナウンスに従い、甲板に降り、誘導員に従ってバイクを発進させます。

f:id:motocamp:20180805185819p:plain

かなり混んでるので誰が先に発進させるかはライダー同士、
譲り合ったり空気を読んだりします。


f:id:motocamp:20180805185921p:plain
いよいよ、出口!
甲板って金属製でものすごく滑りやすそうなので慎重に進みました。

後日ですが、実際に甲板で転んだ人にも会いました。
フェリー乗り降りのときは慎重に運転したほうがよさそうですね。


いよいよ北海道に上陸!
やったーーーーーー!!!
f:id:motocamp:20180805190013p:plain



f:id:motocamp:20180506214455j:plain


フェリーを出たところで仲良くなったライダーと記念撮影&互いの旅の安全を祈り、いよいよ出発!


初めての北海道での走行


f:id:motocamp:20180805190202p:plain

やったー!北海道だーーーー!!∩(´∀`)∩


そんな感じで調子に乗りたくなりますが、スピードには気をつけます。
なぜなら市街地の周辺、郊外との境目には警察が張っている可能性が大。
特に北海道ツーリングのシーズンは警察にとっても取り締まり強化期間なので、検挙されやすいです。



速度に気を付けつつ、順調に進んでいくと、
さっそく北海道の洗礼を受けました。

f:id:motocamp:20180805190243p:plain

あぶねええええ!!!


片側一車線で交差点を左折するときに、
後ろの車が交差点で追い越してきました。


車線はオレンジだし、そもそも交差点での追い越しは禁止。


ドライバーがよほどマナーが悪いのか、
北海道民がバイクに慣れてないのか。


どちらにしてもこういう車からの無理な追い越しは
道中なんども経験しました。

バイクに対して荒いことをする車が多いと思った方がよさそうですね。


2~3時間ほどで本日の目的地、洞爺湖のキャンプ場に到着。
f:id:motocamp:20180805190828p:plain


本日のキャンプ場は洞爺湖の中央公園・小公園キャンプ場です。

f:id:motocamp:20180506214632j:plain

湖畔&芝生で心地よいキャンプ場でした


とうや中央公園・小公園(洞爺湖) キャンプ場情報


名前:とうや中央公園・小公園
ロケーション:湖畔
料金:700円
バイク乗り入れ:✖
焚火:直火禁止とは言われませんでしたが、芝生がある所では焚火台使用がベター
コンビニ:500m圏内にあり
温泉:バイクで5分の高台にあり

良い点:湖畔の静かな波音が心地よい。
道路が近いですが交通量は多くなく、就寝中に車の音で目が覚めることはありませんでした。




受け付けとテント設営を済ませて温泉へつかり、あとはビールを飲んでゆったり。

初日なので短めの走行距離でした。

翌日の予定を軽く立てて就寝。



お読みくださり、ありがとうございました!


【次回】

motocamp.hatenadiary.jp


【関連記事】
www.motocamp-japan.net


www.motocamp-japan.net